やまのてせんのうた

2 「日暮里」

その日暮らしの里

その日があればいいさ

明日がなくてもいいさ

毎日生まれてそして死ぬ

それが里のルール

 

月が騒ぎだし人が騒いでも寝れば元通り

悲しさも楽しさもリセット

その日があればいいさ

飲んで飲まれて転げ落ちて日が暮れる

あ夜だ

 

その日暮らしの里

見つけることは本当は難しくない

その日の中にあるのだから

アスパラガスもお刺身も家具だってまじないだってあるのさ

太陽が沈み出した 里が夜になる

星が騒ぎだした 里も騒ぎだした

そして終わってまた始まる

<2011.3.9>

1 「品川」

君はいつから宿場町だい?

江戸から? それは長いこと 疲れただろう

何だって? 速い列車が停まるようになったって

品川くん そいつは新幹線って言うんだよ

名前からすると君は川だったのかい?

そうさ荷物を小さい船に載せるのさ

<2011.3.2>