『心が雨漏りする日には』中島らも著・青春出版社

タイトル通り、鬱と躁にゆれる日々のエッセイ。中島らもは、自他ともに認める薬中で、僕は家が近所だったこともあり、作家としてより、アル中で、薬中のひとである認識のほうが強かった。
らもと同じ町内にすんでいたC君とあそぶときは、らも家を通過せねばらなず、早足で歩いた。なにか怖かったのである。
薬でお茶漬けすることができるほどの薬と酒を飲み続けて、無事であるはずがない。十年間ちかく失禁に苦しめられたあとは、いきなり道で昏倒するようになった。意識を失って、突然ワンタンメンのなかにダイブしたり、階段を歩いている途中、いきなり手足の自由がきかなくなって、生垣につっこんだり、ついにはナルコレプシーもどきを発症したりと、死に方を知っているだけに読めば読むほど複雑な心境になる。
中島らもの本は全部読む作家リストに入っているので、どれだけ趣味のあわないものを書いていても、読了するつもりでいるのだが、やっぱり僕は、もっと生きて、自称「大っ嫌いなエンターテイメント小説」を書き続けてほしかった。