『荒地の恋』ねじめ正一著・文藝春秋

「よっしゃ!」と無言でガッツポーズをする。

シャワーを頭にザアザアかぶりながらも、興奮がさめない。ずっと狙いをつけていた本をやっと買って、そして、それが想像以上に面白かった。これ以上のない幸せである。

 タイトルにある、『荒地』というのは、コウヤではなくて、アレチ、と読む。日本の詩の流れをかえた、エポックメイキングな同人誌で、相互悪口集団という、洗練された言葉をつかいこなすものにのみあたえられる名誉なあだ名があった。

 

「『荒地』の同人の悪口好きには定評がある。何人かで電車に乗り、そこにいない人間の悪口をワイワイ言っている。駅に着き一人が降りる。とたんに今降りた一人の悪口が始まる。次の駅に着き、また一人が降りる。残った人間はたちまち今降りたばかりの一人の悪口で盛り上がる。その次の駅でも同じことがあり、そのまた次の駅でも、という風につづいてとうとう二人になった。次の駅で二人のうちの一人が降りた。残ったのは一人だ。これでもう悪口は言えないだろうと思った矢先、その一人はおもむろに近くの乗客をつかまえて「あなた、今降りたあの男ねえ」」

 

悪口も、ここまで来ると、落語の世界である。

本書は、詩人であり、作家でもある、ねじめ正一が描いた、『荒地』の詩人たちの物語。

東京の鮎川信夫と神戸の中桐、遠く離れた二人の文通からはじまり、エリオットの詩から名づけられた同人詩『荒地』。「言葉なんか覚えるんじゃなかった」とうたった詩人・田村隆一や、ご存じ吉本隆明など、綺羅星のごとく才能が蝟集し、『荒地』という言葉があたかも反語のように、現代詩にゆたかな収穫をもたらした。
本書は、同人のなかの詩人・北村太郎を中心に描く。高校時代からの親友・田村隆一の妻・明子と北村太郎が恋に落ちたとき、いみじくも寡作の詩人・北村太郎は詩の本質と直面する。

詩人・ねじめ正一にしか紡ぐことのできない詩人たちの物語。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Monte Buhl (木曜日, 02 2月 2017 00:49)


    Does your site have a contact page? I'm having trouble locating it but, I'd like to shoot you an e-mail. I've got some suggestions for your blog you might be interested in hearing. Either way, great blog and I look forward to seeing it improve over time.

  • #2

    Jenise Linsley (金曜日, 03 2月 2017 18:56)


    Hi there, yeah this article is actually fastidious and I have learned lot of things from it about blogging. thanks.