気分は、開高健 埼玉ワンダーランド part1

午前10時半、新宿でK先生と落ち合って、エルブレスで季節外れの海パンを買う。ベルクで麦酒を飲んで、いい心地になってから、西新宿で、伊藤夫妻の運転するバンを探す。ドアから手をだして大きく振る、二人をみつけて早速同乗。

運転する二人には誠に申し訳ないけれど、後部座席に腰掛けた我々は、セブンイレブンで買い込んだ麦酒とあたりめで杯を重ねる。

中野坂上を右折して、山手通りを走ると、マンションの頭上をはるかに越える、高速道路の支柱が転々とそびえたっている。司馬遼太郎が『街道を行く』にかきつけたとおり、東京はいつも「工事中」である。

高速に乗り入れて、インターにはいると、早速空になった麦酒を求めて徘徊するも、やはり、売っていない。

「つまみコーナーがあって、本体がないというのは、おかしなことですよ」

というK先生の憤りは鋭い。商魂の裏側をついている。

麦酒がないとわめく我々に、旅なれた伊藤夫妻は車に積み込んだクーラーボックスから缶ビールをとりだして、思う存分呑ませてくれる。車に流れる「名残り雪」の歌詞が語ろうとしている意味を探る、三人の討論を尻目に、健やかな眠りの中に落ちる。

肩を揺らされて目をあけると、そこは虹鱒の釣堀で、餌代、貸し竿はすべてフリーだが、そのかわり入園料150円、に釣った魚はすべて買いとらないとイケナイという縛り(一匹500円也)がある。意気昂揚と、釣り糸をたらすといきなり、入れ食いで、もう気分は開高健である。愉しい。

釣った魚の釣り針を、伊藤氏に外してもらうという手のかかりかたはご愛嬌で、なかなか釣れないK先生を尻目に、釣った魚を焼いてもらう。ワタをぬいて、塩をまぶして焼いた虹鱒は、身がしまっていて、淡白な味わいの中に、甘みがある。

「鮎よりうまい」

麦酒と虹鱒に、舌鼓をうつ一行にうなづきながら、もう一眠りする。昼日中から酔っ払って、畳に寝転がる誘惑には勝てない。でしょう。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    aki (木曜日, 10 9月 2009 22:17)

    PART1~4まで拝読いたしました。
    爆笑。
    私のアルバムにこのまま貼り付けさせていただいて
    よろしいでしょうか?

  • #2

    千三屋 (金曜日, 11 9月 2009 01:04)

    どうぞご自由にお使いくださいまし