お茶の水狂想曲

東京で好きな街を三つ挙げよ、と問われたら、お茶の水、新宿、高円寺。四つ目はない。

K先生に誘われるがまま、三省堂本店の裏露地にある呑み屋「兵六」の暖簾をくぐる。五十嵐くんが既に席を陣取っていて、麦酒をのんでいる。小茄子の漬物とむぎ焼酎をたのんでのみはじめると、アグレッシブな度数にしたたかに酔っ払ってしまって、ラーメンを食べに行くはずが、何故か「エチオピア」で五十嵐くんが70倍のカレーに挑戦することになる。

兵六をでると小雨がぱらぱらとふりはじめ、「俺、さきにいってるから」と自転車でやってきた五十嵐くんが、まったく逆方向に鈴蘭通りを爆走する。

K先生と三省堂裏の喫煙エリアで雨よけをしていると、ハムスターの車輪みたいに、何度も同じところをいったりきたりしても飽きないのか、五十嵐くんが何度か通過する。

K先生は、三省堂裏にある薬局で、タバコを売っていたのがよほど気に入ったのか、「薬局でタバコを買うというのはとても新鮮ですよ」と口吻をもらす。

エチオピアのカレーは0倍でもふつうの中辛ぐらいの辛さがある。あたしは1倍をたのみ、K先生は10倍、五十嵐くんは70倍を頼む。下写真、70倍カレー。

五十嵐くん、気持ち悪いぐらいの汗をかきながら完食し、

「中本の北極カレーよりに比べたら、大したことないですよ」とのたまう。

店長にきくと、70倍を完食したお客限定で、100倍のカレーをつくる由。一日に70倍カレーを食べる客はだいたい5人前後。

そのひとりをみた。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    五十嵐 (金曜日, 02 10月 2009 18:46)

    追伸
    帰りに無灯火運転を警官に止められ
    「酔ってんの?」
    って聞かれたから
    「カレー食べました」
    で済んだよ。
    おそるべし上野の警官。

  • #2

    千三屋 (土曜日, 03 10月 2009 05:25)

    俺が警官なら、ただじゃ帰さねえけどな。あの状態じゃ。
    どう考えても、カレーじゃ、ああならないだろ。
    しかしよく帰れたね。

  • #3

    五十嵐君 (土曜日, 03 10月 2009 10:49)

    翌日、ちゃーりーは100倍カレーをクリアしてたことが発覚した。
    「負けてらんないわよ」
    と思うも
    「けつは熱くなるけど、どってことねー」
    とのこと。
    俺はカレーに操られる人生は送りたくない。
    カレーを支配するんだ。

  • #4

    千三屋 (土曜日, 03 10月 2009 23:21)

    よく言った!
    前人未到の1000倍にチャレンジだな!
    当然、おごる! そして、動画に残してやる!
    骨はひろってやるから、存分に暴れられよ!