『ジウⅠ 警視庁特殊犯捜査係』誉田哲也著・中公文庫

最近、中央公論が力を入れている、「新・警察小説」の一冊。何が、「新」なのかと思って、ためしに買うも、おそらくは、設定のことを言ってるだけなのではないか、と脳裏をよぎる。

面白いが、それだけのことで、記憶には残らない。

まとめて二冊買ってしまったので、もう一冊も読む。