『スズキが覗いた芸能界』松尾スズキ著・新潮文庫

松尾スズキの著作、特に、エッセイには並々ならぬ背徳感がある。

『ぬるーい地獄の歩き方』で、悶絶して以来、無駄に病みつき。

六本木を芸能界の中庭と呼んでみたり、荒川良々のデビュー秘話など、本当にどうでもいいことを、こんなに紙幅を費やし、魅力的にかける人というのも珍しい。文字どおり、どうでもいい。しかし、読んでしまう。

ところで、一年間に一冊しか本を読まない松尾スズキに、「白ブタ」呼ばわりされている評論家・福田和也とは一体、何の因果があるのか。

とても気になる。