高円寺のタトゥーショップ

昼下がり、高円寺の商店街を古本をかついで歩いていたら、和気あいあいとした、タトゥーショップがあった。ガラス張りで、明るい蛍光灯の下で、エプロンをつけたおばさん達がテーブルを囲んで笑っている。

後日、すごい店があるんだぜ、と友人を連れて行くと、「これ刺繍屋じゃねえの?」と指弾された。視力の問題なのか、読解力の問題かは別にして、刺青に並々ならぬ興味があり、ついにその扉を開いてしまった。本当に、扉を開いただけなのだけれど、コイン大サイズが1万円なり。タバコ大サイズが2万円、僕が考えている図柄は5万円あればできるよし。カード決済もできるから、とすすめられるも、振り切って、辞去す。 

身体髪膚これを父母に受くあえて毀傷せざるは孝の始めなり、とは誰の言葉だったか。駅前のマクドナルドまで歩いて、コーヒーを頼む。