・・・・・・。

映画『カムイ外伝』=△

1流の監督+1流の役者+1流のスタッフ=3流の映画に。

原作もいいし、アクションもいいし、クドカンが脚本を書いて、これか。こんな最後でいいのか?

続編をつくる意図がみえみえだが、大島渚を意識しすぎたのか? 退屈はしないけれど、ただそれだけ。

映画『ディア・ドクター』=◎

蛇苺からの西川監督の黄金パターン、つきつけられた嘘とお笑い芸人(落語家だけれども)を効果的につかった役者とRアンドBの音楽にのせておくられる。ラストシーンがあたたかい。