2010年

5月

01日

『悪霊がいっぱい!?』小野不由美著・講談社X文庫

『悪霊がいっぱい!?』小野不由美著・講談社X文庫

『悪霊』シリーズの第一作目。

中村幸緒のイラストが漫画のように随所に挿入されている。

 

旧校舎を取り壊そうとすると、事故が起こる。

暴走したトラック、死んだ子供、窓から手招きする白い影。

あいつぐ事故は、旧校舎のたたりではないかと危ぶむ校長が、霊能者関係に調査を依頼した。

続々と集まってきた霊能者たちは、心霊現象をおのおのの得意分野で解説し、除霊を行うも、皆失敗してしまう。

首をかしげる霊能者の前で、渋谷一也は見事な推理を展開する。

主人公はひょんなことから渋谷の助手をつとめることになった女子高生・谷山麻衣。ほぼラブコメ。キャラクター小説とまではいえないかもしれないが、以下・濃い登場人物が目白押し。

 

渋谷一也(ゴースト・ハンター 「渋谷サイキックリサーチ」所長にして高校生。科学を重んじる)

原真砂子(有名な霊媒。顔は美人だが性格が……)

ジョン・ブラウン(童顔のエクソシスト。壊れた関西弁を使う。間違っても覚えたくはない)

松崎綾子(けばい巫女。やはり口が悪い)

滝川法生(元・高野山の坊主)