6月25日 午前3時 町屋

歩行くんの展開について、幡野くんと話合う。大筋の合意を得たので、あとは行動あるのみである。深夜に帰ってきたSくんに鞄の製作の進捗状況をうかがうと、年末までには、仕上げてくださるとの由で早くも楽しみ。Sくんはなぜか、O2とプリントしてあるアーセナルのユニフォームを着ている。

デンマーク戦の前哨戦に、イタリア、スロバキア戦をみながら、幡野くん手製のカレーとサラダをご馳走になる。あまりのおいしさにおかわりを所望し、

「何の肉が入っているのか」とたずねると、

「そういうところは変わりませんね」という。

昔、御茶ノ水の今はなきジョナサンのはす向かいにある吉野屋で、豚丼を注文したにもかかわらず、店員のリーさんが間違えて牛丼をデリバリし、全て食べ終わるまで気がつかなかったことをまだ覚えているのである。

カレーの肉は、牛のすね肉の由。

ただ塩をふっただけのサラダもうまい。

なぜだろう。

ばりばりと音をたてて食べる。

みな、仕事の疲れから仮眠をとり、僕とSくんだけが起きて雑談している。いい加減眠くなってきたので、眠気覚ましにマクドナルドまで歩いていき、観戦用のファーストフードをしこたま買い込んでかえってくる。眠っている皆を起すと、不興気なるも、テレビをみているうちに興奮してくる。

デンマーク戦の開戦五分前に、「あ」と叫んだSくんがあわてて階下にさがり、人数分の青いTシャツをもってくる。折角だから、との気遣いに感謝し重ね着するも、幡野くん、五十嵐は、暑い、暑いとすぐに脱いでしまう。それどころか五十嵐は、Sくんと僕が日本とデンマークについて話し合っているのを聞いて、一言、

「ホームレスみたいだな」。