2010年

9月

16日

『金毘羅』

笙野頼子著の最新刊を、「こ・ら・ぼん」編集人の木村さんから頂戴する。関西弁の言葉の響きの味わいを大切に読んでください、との由。読むのに、しばらく時間をいただきますが、必ず、こちらに書きますので、どうかご期待ください。

机の上が、銀行の待合室になっている。整理券を発行し、気合をいれてすすめなければ、カオスがやってくる。