勤労感謝の日

歯医者にいき、駅前のブックオフでウェストール、カポーティの評伝数冊他を買って新宿にいく。CD返却後、お腹がすいたのでベルクでホットドッグをつまむつもりが、振舞酒をいただく。勤労感謝の日らしい。日本酒とホットドッグとサラダと珈琲。よくわからない取り合わせだが、いきなりご機嫌になる。胃があたたかくなったせいか、血のめぐりのせいか、新宿から中野まで歩き、タコシェとマンダラケと古書うつつに行く。

マンダラケの買取カウンターのコスプレガールにしばし見とれてしまう。あれは一体どういうつもりなんだろうか。仕事だとしたら、大変な仕事である。いま、「完全避難マニュアル 東京版」という演劇が東京各地の街路で展開されているようだが、よっぽどこっちのほうが気になる。

タコシェをのぞいてから、古書うつつに。本棚が素晴しい。探していた本は見つからなかったが、深沢七郎と随筆集を買う。店主の接客が新鮮だった。古書店で、本を買って感謝されたことはない。里子に出す感覚なんだろうか。一冊一冊が店主の愛情のかわりにパラフィンでつつまれている。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Monet Beene (木曜日, 02 2月 2017 15:25)


    Having read this I believed it was very enlightening. I appreciate you spending some time and effort to put this informative article together. I once again find myself personally spending way too much time both reading and commenting. But so what, it was still worthwhile!