ベケット

『勝負の終わり/クラップの最後のテープ』サミュエル・ベケットと『彼らと愉快に過ごす』『なにを買ったの? 文房具』片岡義男を読了す。ベケットの「クラップの最後のテープ」は大爆笑。こんなに痛快なツイートはついぞない。しかし他は例によってほぼダブリン状態。黒い泉。よくわからない。片岡義男さんの本は、来月に、書評をかくことにする。『彼らと~』は絶版、版切れだから、『なにを~』にしよう。片岡さんの癖がわかってきたような気がする。

茶房書林さんに掲載していただいている「文具探偵」の原稿を書いて送る。ダイアリーのことを書いたのだが、今朝の朝日新聞の朝刊に、銀座の老舗文房具屋のコメントがのっていた。奇遇というのか、旬というのか。

近所の猫が発情して赤子の鳴き声のようなあえぎ声を発している。うるさいので図書館にいく。