2011年

11月

29日

タンタンの冒険旅行

エルジェの『黒い島のひみつ』と『なぞのユニコーン号』を読む。爆笑。

面白いが判型が少し大きすぎて買おうとは思えない。文庫版とかがあればいいんだが。

 

『読書について』ショウペンハウエル

ショウペンハウエルなのか、ハウアーなのか、たぶんどちらも間違っているのだろうけれど、書店で買うときに、一々どちらかに訂正されるのかが面倒くさい。

久々に読み返して、全部集めることにする。

 

『花と木の文化史』中尾佐助著

名著。植物からみた日本史、そして世界史。独創的。◎。

 

『ヒューマン・ファクター』グレアム・グリーン著

新訳版だからか、前に読んだときより断然面白い。はまる。このシリーズで全巻そろえなおそうかしら。

 

『エリック・ホッファー自伝』

ひとつひとつのエピソードが短編小説のように美しい。巻末のインタビューのワインをテーブルからなぎはらう場面で大爆笑。言葉と身体が一緒になって動くひとなんだと思う。嫌いではない。ほかの本を買うことにする。