『リアルのゆくえ おたく/オタクはどう生きるか』大塚英志+東浩紀 講談社現代新書

話が全然噛み合っていない上に、やや感情的になっている、論争というんだろうか。喧嘩にしか見えないのだけれども、おそろしく読み応えのある対談集。東浩紀はまったくの圏外から、読書リストに追加。売れることをここまで露悪的に追及している珍しい作家か。しかし、よくぞ大塚英志先生の執拗な追及に耐えたと拍手を送りたいというのは、プロレスの観客的感想か。当然中身も読みごたえあります。ご安心あれ。