2012年

1月

20日

『モダンタイムス』伊坂幸太郎著・講談社

花沢健吾挿画版で読みました。良し。

伊坂幸太郎の小説は、ゴールデンスランバーまで今いちピンと来なかったのだけれど、この本も一気読み。引用と言及が多すぎて、面倒なので、いいなと思ったポイントだけ勝手に書きます。

この本を読み始めたのは、文庫の帯に、検索から監視がはじまる、とか何とか書いてあって、それが頭に残っていたから。

今、何かわからないことがあると大抵、検索しますよね? で、検索すると、広告の欄に、検索した言葉にヒットするような広告が出現しますな。その広告で気になるものがあったとして、購入を希望すると、サイトに登録され、趣向に合致するような広告が今度は選りすぐられて送り込まれてくる。

それは街頭でアンケートに答えると千円もらえます、とか、店頭でこれにご記入いただければ10パーセントオフになります、といって差し出されたりするアンケートからはじまったりもするし、単にレンタルDVDショップに登録するだけでも、そのようなものが送られてきます。

一度、記入してしまうと、あら不思議、怒涛のように自分の好きなものが目の前に現れて、考える時間を奪われてしまう。とか何とか、そんなことを漠然と考えていたときに、本屋を歩いていたら、見事にはまってしまいました。

文章はやはり見事なまでに軽いのですが、作中に引用される『巨匠とマルガリータ』からの名台詞、

 

「原稿は燃えたりしない」

 

がやっぱり熱い。熱いのは好きです。

この小説は『魔王』の50年後の物語らしいのですが、『魔王』を知らないあなたでも堪能できます。というわけで今度は『魔王』を読みます。ではまた。