一冊で二冊読む方法

ものすごくできる読書術のようですが、全然違います。

本を読み進めていくうちにデジャビュというのか、あれ、この本、どこかで読んだことがあるな、と思ったことありませんか?

私はよくあります。

その理由は、間違いなく奥付を読まないから、です。

 

深沢七郎の『盲滅法』が、文庫化の際、『滅亡対談』になっているのですが、似ているなとは思いながらも、まったく気が付かない。デジャビュどころか、同じ本だから覚えていないとおかしいはずなのに、別のところに関心して、勝手にこれは続編だと思ってしまう。なぜでしょう。

まあ、面白かったから別にいいのですが、よく考えると、なんだかさみしい気がしないでもない。

著者に対する安心感というのが本を買うときの警戒心を外してしまって、タイトルが違うとついそのまま買ってしまうのでしょうか。

 

これは目黒考二でも同じで、忘れもしない活字シリーズ最終巻でした。

世の中には「改題」というものがあるわけです。

 

岩松研吉郎先生の著作をまとめて買い、いざ読み始めて、二冊目の目次をめくると、どこかで見たような……。慌てて奥付をめくると、やはり同じ本。

加筆修正されているのが、せめてもの救い。

皆様もどうか大人買いをする際はお気をつけくださいまし。