『新劇とロシア演劇 築地小劇場の異文化接触』武田清著 而立書房

日本の近代演劇とロシア演劇の関係を、ミステリー小説を読むように、丹念に資料を読み込んでいくことで詳らかにしていく骨太の論文集。

「江戸の亡霊地」著者、武田清氏の著作第二弾!

是非ご覧くださいまし。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。