2012年

6月

08日

新幹線で読む本

しばらく新幹線に乗る機会が増えるので、何か読む本をと考えていたら、上司が本屋大賞ノミネート本を全部貸してくれるという。

 

マホカルは概要を聞いて十分堪能してしまったので、まずは『舟を編む』と『誰かが足りない』を読む。

『舟を編む』はやはり、下宿設定。お菓子みたいに甘くて美味しい文章。良い。

『誰かが足りない』は、先輩の本屋大賞だったが、ややまとまりにかけている印象。敢えて舞台の中心を描かないドーナツ型にしているのだろうが、読者としては逃げずにしっかり書いてほしかった。

二つとも総じて短い気がするのは気のせいか?

 

『博士と狂人 世界最高の辞書OEDの誕生秘話』と『毛髪の話』を読む。

両方とも想像以上に濃くてびっくり。面白すぎる。

 

『「我」を張らない人づきあい』を読む。心理学を仏教に翻訳して、丁寧に解説してくれるのは面白いが、基本的な軸が「モテル」かどうか、というところに置かれているので、そこまで集中して読めず。語りおろしだけれど、浮世離れしているんじゃないかと思うぐらい丁寧。