2012年

9月

25日

『転迷 隠蔽捜査4』今野敏著・新潮社

数少ない読むのを楽しみに待っている連載シリーズ。

相次いで変死した二人の外務官僚の事件が、今回も予測不可能な結びつきを見せていく。

まさかのコロンビア・ネクタイ。読み始めると二時間も持たないのが残念だが、たまらない。

竜崎署長のシニックな回想。

 

「役人は、責任という言葉を嫌う。そして、過去の事例という言葉が大好きだ。」

 

名言です。