2012年

9月

29日

『お菓子とビール』モーム作・行方昭夫訳・岩波文庫

モームは退屈だという先入観がいつごろから芽生えたのか忘れましたが、この小説でぶっ飛んだ。訳がいいのか、これはちょっと凄いんじゃないかしら。行方訳で全部読み返したし。