『ピース』樋口勇介著・中公文庫

雰囲気もあるし、書き込まれたディテールも十分楽しめるのだが、肝心の事件の暗部の描き方が淡すぎる。もったいない感じ。

文庫の解説には、ちょっと承服しかねる。感情移入が強すぎるのではないかと。