2012年

9月

30日

『シバ 謀略の神殿』ジャック・ヒギンズ著・ハヤカワ文庫

陳さんのエッセイを読んでいるとどうしたってヒギンズが読みたくなってしまう。ヒギンズほど惜しげもなく、プロットをけちらない作家も珍しい。やっぱりナチがでてきますが、パタースン名義のものでも変わらず、どれを読んでも退屈しないストーリーテラー。どの作品でもいいのですが、雨の日におすすめの本です。