『フェイク』楡周平著・角川文庫

年始は『占星術殺人事件』ではじめようと思っていたのに、ふとサイドボードに積んであった『フェイク』を読み始めてしまう。「抱腹絶倒の傑作コン・ゲーム」という惹句に、引き寄せられるも、いきなり微妙なにおいがした。においの発生源は主人公で、主人公がいやにトンマなのである。トンマな主人公で、コン・ゲームを書くのは、設定としてかなり難しいものではあるまいか。アーチャーやセシル、小林信彦も、そんなことはしていない。だから、逆に期待を燃やして読んだが、最後まで不完全燃焼のまま読了。今年一冊目でいきなりつまづいてしまった。